1. HOME
  2.  > 加工精度診断
  3.  > 加工精度診断・サービスの流れ

加工精度診断・サービスの流れ

サービスの流れ
加工精度診断のお申込みから診断、結果報告までの流れをご紹介します。

ライトプラン、ベーシックプラン、スタンダードプランの場合
ダウンロードのページより
必要なファイルをダウンロード
図面の指示通りに加工
申込みフォームのページより
加工精度診断の申込み
当社より振込先等、詳細を
メールにてお知らせ
 
オーダープランの場合
申込みフォームのページより
加工精度診断の申込み
メールか電話にて、プランの打合せ
(診断内容・料金・納期等)
加工開始
ワークを梱包して当社に送る
 
 
当社に到着後、ワークの状態チェック ※2
異常が無ければ
検査室(室温20〜22℃)にて温度慣らし ※3
当社から振込のお願い
振込が確認でき次第、加工精度診断の開始
診断結果をメールにてお知らせ
ワークの返却 ※4
 
 
〜 注意事項 〜

※1 梱包
ワーク番号をお客様で決められる際は、紙に書いてワークにテープ止めしてください。
1個からでもキズが付かないように梱包してください。
料金プランのページのサイズ区分・送料の一例をご参考ください。

※2 状態チェック
この段階でのチェックは、材質・大きなキズ・打痕・ワーク番号のみのチェックとなります。異常が見つかった場合、連絡した上でワークを返却いたします。返却する際の送料はお客様負担でお願いいたします。
ただし、診断に支障が無いような小キズや打痕・バリ等であれば、こちらで修正(白砥石・精密ヤスリ等)いたします。指示された以外の材質でも、診断はいたしますが、加重分の送料はお客様負担となります。
ワーク番号が不明の際、お客様の診断シートが同封されていない場合に限りこちらで振り分けいたします。

※3 温度慣らし
検査室にて(常温20℃〜22℃)半日〜1日程度保管します。
さらにワーク温度が20℃になる様、温度補正を行った上で診断いたします。

※4 ワークの返却
お客様が送る際に使用した梱包材(もしくは同等のもの)での返却となります。
診断中・運搬中に付いたキズに対しての責任は持ち兼ねますので、予めご了承ください。
ライトプラン(Light Plan)はワークの返却をいたしません。
ベーシックプラン(Basic Plan)、スタンダードプラン(Standard Plan)で返却不要の場合は、
それぞれの金額より500円オフとなっております。